水耕栽培、ハイドロポニックス、オーガニック栽培・HPS/MH・アイテム数1000点以上園芸用品のことならグローワークスにおまかせ下さい!
ホーム欠乏/過剰について
元素 症状
窒素 欠乏:下位の葉から黄化。生長点の葉の抑制が見られる。
過剰:徒長、葉の拡大、濃緑。葉が下向きにカール。対病性の低下。
K,Bの吸収阻害。
リン酸 欠乏:下位の葉先、茎に暗紫。次第に中位葉に広がる。
    結実不良。根の生長不良。生長不良。低温時に発生し易い。
過剰:濃緑色。下位、中位の葉に照りが発生。K,Fe,Zn,Cuの吸収阻害。
カリ 欠乏:中位の葉先に黄化し葉縁に至。ネクロシスの発生。葉が内側へカール。
過剰:中、下位の葉脈間に黄化。Mg欠乏に酷似した症状。葉の硬化。風味低下。
    Ca,Mg,Bの吸収阻害。
カルシウム 欠乏:カッピング、チップバーンの発生。根の生長不良。窒素過剰での欠乏もある。
過剰:ほぼナシ。K,Mg,Mn,B,Znの吸収を阻害する。
マグネシウム 欠乏:下位の葉脈間に黄化。葉の縁がカール。新葉にネジレ。
過剰:Caの吸収を阻害する。
欠乏:上位の葉脈間に黄化。中位に進行する。生長抑制が発生しないことに注意。
    葉脈は緑を保つ。リン酸の過剰投与に注意。
過剰:Pの吸収阻害。
マンガン 欠乏:上、中位の葉脈間に黄化。葉にネジレは発生しない。ネクロシス。
    主脈に沿って葉の隆起が見られる。
過剰:初期は下葉に細かい黒点が発生。その後、中位に進行。
    枝や茎にも発生する。上位の葉にFe欠乏に酷似した症状を現す。
ホウ素 欠乏:生長点の新葉がカギ状となり、先端周辺から枯れる。
過剰:初期は下位の葉にチップバーンの発生。葉が表向きにカール。
    葉脈間に不鮮明な斑点。進行するとネクロシス。中位にも進行する。
亜鉛 欠乏:葉が厚ぼったくなる。非常に細かい黄化が発生。葉が小さい。ネジレの発生。
過剰:生長抑制。亜鉛過剰によるFeの阻害が顕著化する。
モリブデン 欠乏:中、下位葉に黄斑。葉が上向きにカールする場合がある。
    根元付近の葉に奇形。
塩素 欠乏:新葉が萎れる。黄白化しネクロシスが発生する場合がある。
ニッケル 過剰:上位葉の葉脈間に白い斑点。進行すると中位にも発生。その後、ネクロシス化。

<注意>
上記の症状は一般的な症状です。
植物の種類により、症状の差異があります。