水耕栽培、ハイドロポニックス、オーガニック栽培・HPS/MH・アイテム数1000点以上園芸用品のことならグローワークスにおまかせ下さい!
ホームpH&EC

PHについて

pHとは何?
語源はpounds Hydrogenii、poundsは重量、 Hydrogenii水素を意味しています。水素指数の略号です。
pHの数値は0~14までありpH7が中性、7より小さくなるほど酸性が強く、7より大きくなるほどアルカリ性が強くなります。簡単に言うと酸性・アルカリ性を計る物差しみたいなものです。

pH調整は必要?
pHは植物の生長に必要な肥料の効き方に大きく関係しています。
下記の図は、それをわかりやすく説明したものです。

この図をよく見るとPH値が5.5-6.5の間でないと全ての肥料分がバランスよく吸収出来ないことがよく分かります。
実際、培養液のPHが7.0以上になると根が茶色く変色したり、逆にPH4.5以下になると根が鉄の酸化により赤くなるなどの症状が出ます。
PH値は高くても低くても、根の状態も悪く、養分も吸収出来ない為、調整が必須となります。
PH調整しないと特に水耕栽培では肥料分を吸収し難くなり、植物を健康に育てることが出来ません。
例えば、リン酸(P)は培地(水耕の場合は液肥)が酸性になると鉄・マンガン・アルミニウムなどが遊離し、リン酸を固定してしまいます。
逆にアルカリ性の場合は、石灰塩として沈殿し溶けなくなります。現実的にリン酸が植物に吸収され易い形で存在するのは、pH5.5~6.5ぐらいです。
しかも培養液のPHは交換時調整しても、その後も常に一定と言うわけではなく、次の交換までに何度か調整する必要があります。

なぜPH値は上がったり、下がったりするのでしょう?
実は育成中にPHが上がったり下がったりするのには複数の理由があります。

・まず一つ目はアクアリウムなどでよく言われていることで、培養液をエアレーションしている場合、培養液のCo2濃度が下がる為PHは上がる傾向にあります。
もし現在、培養液をエアレーションしているユーザーでPHが上がりすぎる方は調整する必要があるかもしれません。
また同時にエアレーションは肥料を酸化させれる作用もあるのでやればやるだけ良いようなものではなく、肥料によっては酸化に弱い肥料もあるので注意して下さい。

・二つ目は肥料分が植物に吸収されるからです。成分により上がったり下がったりしますが、培養液中の養分が吸収されると減った分、PH値が上下します。
例えば窒素は酸性なので植物に吸収されると減った分アルカリ性に傾きます。
この理由で値が変わるのは植物に養分が吸収されているからなので心配はいりません。
しかし、
減った肥料分は戻ることはありませんのでPH調整だけして培養液の追足しを繰り返していては植物はいつか生育不良を起こしてしまいます。
これはPH値とは関係なく、肥料のバランスが崩れ植物が肥料を吸えなくなる為です。(このことはまた違うところで詳しくやります)
培養液を交換して1・2回PHを調整したら、PH値に関係なく培養液は全交換する必要があります。

・3つ目は植物自体の生理的なものです。
すべての植物ではありませんが、植物自身が根から老廃物のようなものを出していて、その影響からPHが下がってしまうことがあります。
そのほか様々な理由がありますが植物育成においてPHに関係している大きな原因はこの3点でしょう。

育成する植物や時期のもより異なりますが、一般的に開花期の後半になると液肥の濃度が高くなってきます。
しかし同時に液肥のpHは下がってくる傾向にあります。
一概には言えませんがバイオビズやGH Floraなどでは、pH4~5になると思います。当然pH4や5では窒素・リン酸などの吸収は阻害されるのでpH調整が必要です。
また、使用する活力剤の中にはpHを極度に下げる物もあるので注意が必要です。
水耕栽培では容易にpHが変化するので細かなpH調整が重要となってきます。

植物の種類とpH
植物により好むpHは違います。下の表は各植物が好むpH値です。

強酸性(pH5以下) ツツジ スズラン ブルーベリー アジアンタム    
弱酸性(pH5~7) キク バラ ホウレンソウ エンドウ  トマト イチゴ 
  ユリ キュウリ カーネーション チューリップ ナス スイカ
中性(pH7) ジニア アスター マリーゴールド マーガレット    
アルカリ性(pH7以上) スイートピー キンセンカ        


 

ECについて

ECとは?
ECとは電気伝導率のことで英語では electrical conductivity と言います。
一般的に農業分野では、この頭文字を取ってECと呼ばれ、目安として肥料濃度を表します。
単位は、ジーメンス毎メートル (S/m) 又は毎オーム毎メートル (Ω-1・m-1) です。
ただし、肥料濃度を表す場合は単位が大きすぎるので、ミリジーメンス毎センチメートル (mS/cm) を使っています。

ECから分かること
チッ素、リン、カリなどの植物が生長するのに必要な肥料分はイオンの状態でしか植物には吸収されません。
ECは培養液中に溶出している肥料イオンの量、つまりチッ素・リン・カリなどのイオンが測定時に使用する電極間をどれだけ移動するのか?を表した値です。
ただし、ECというのは、あくまでも数値のみであり、どの養分イオンがその数値を示しているのかはわかりません。

しかし何も基準のない状態で栽培するよりも、ECの数値を参考にした方が簡単に管理でき、特に水耕栽培などには有効です。
近年ではEC値
スケジュールに示すメーカー(CANNAなど)もあり、EC値を基準に育てることも可能です。

基本的にEC値は育てる植物の種類により異なります。
個々に適正なEC濃度があり、その数値よりも高いと作物の根は濃度障害を受けて養分を吸収できなくなり、低すぎると栄養不足に陥ります。
EC値は硝酸態チッ素含有量と密接に関係していて、数値が高いと硝酸態チッ素も多く含まれていると推測出来ます。
この値が高いと、目に見えた生育障害はなくとも収穫物の硝酸態チッ素含有量が増え、病気に弱くなったり日持ちが悪くなったりします。
培地に硝酸が増えると培地のpHは低くなるため、酸性改良しようと石灰などを施すとさらに塩類(肥料)の濃度を高めることになるので注意が必要です。
近年では樹液のECを測定することにより、作物の栄養状態をリアルタイムに把握することが出来ます。
植物の状態を把握することで、糖度や酸のバランス、つまり果実などのおいしさを数字でつかむ方法にも使われるようになっています。

ECとPPM
濃度を表す単位としてEC以外にPPMがあります。
PPMとはPart Per million(パーツ・パー・ミリオン)の略で100万分の1の意、不良品の発生率に使われることもあります。
ECと同様、農業では一般的に肥料の濃度を表すの使われています。
当店のPH/ECメーターのCombo2などはEC・ppmどちらも表示することが出来ます。

ECとPPMの換算について
EC値をPPM値に変換するにはEC値を500倍にします。つまりEC値が1.0の場合PPM値は500PPMとなります。
この変換率は国によって異なっており、下記の表ではPH・ECメーターのメーカーであるハンナ(HANNA)を基準にしています。

EC(ms/cm)  PPM EC(ms/cm)  PPM  EC(ms/cm)  PPM  
0.05  25ppm 1.0  500ppm 3.0  1500ppm 
0.1   50ppm 1.2  600ppm 4.0  2000ppm 
0.2  100ppm 1.5  750ppm  5.0  2500ppm 
0.3  150ppm  1.8  900ppm  6.0  3000ppm 
0.4  200ppm  2.0  1000ppm  7.0  3500ppm 
0.5  250ppm  2.5  1250ppm  8.0  4000ppm