水耕栽培、ハイドロポニックス、オーガニック栽培・HPS/MH・アイテム数1000点以上園芸用品のことならグローワークスにおまかせ下さい!
ホームBio soil

 Grow Works BIO-SOIL-MIX Ver1.0

BIO-SOIL-MIX(バイオ・ソイル・ミックス)とは?

バイオソイルミックは1グラム中に数億もの有益微生物を内包する次世代オーガニックソイルです。
水耕栽培で育った植物に比べ格段に味や香りが良く、植物が元気です。

 
*バイオとは微生物を表します

 BIO-SOIL-MIXと一般用土の違い
BIO-SOIL-MIX 一般的な土
 数億もの有益微生物を含む  有害な菌等が障害となる可能性がある
 良い土(団粒構造、通気性、保水保肥性、排水性、Ph値)  団粒構造ではない
 完全発酵ソイル(有機肥料が完全に醗酵した状態)  未醗酵の為、ガス障害の可能性がある
 ブレンド済み  パーライトや肥料などを混ぜる必要あり

 有益微生物の働き

有益微生物を含んだ特殊リキュッド
有益微生物は土中にある有害な微生物の働きを抑制したり、有機物を分解し醗酵させます。その過程に植物に必要なビタミン、ミネラル、糖類などを生成します。また、土を団粒構造にし土を内部から耕して土を植物が育つ最適な環境にしてくれます。ソイルの要です。
その有益微生物が1グラム中に数億も内包しているのがバイオソイルです。

左の画像が有益微生物を含んだ特殊リキュッド。
この液を完成するまで数回散布する。

完全発酵したソイルに臭いはほとんどありません。
未醗酵の物は腐敗臭(ドブのような臭い)がします。

 良い土とは?

良い土の条件として以下が挙げられます。

団粒構造(だんりゅうこうぞう)、通気性、保水保肥性、排水性、Ph値、完全発酵

団粒構造
土中の微生物などの働きにより土同士がくっ付き合い、団子状になったものをいう。
団粒化した土壌は通気性、保水保肥性、排水性が高くなります。

通気性
植物は根からも呼吸しています。通気性の悪い土では十分な酸素を植物は得る事ができません。

保水性、保肥性
排水性とは対照的ですが植物が欲している量だけ保水、保肥しているのが最適である。
団粒構造の土壌はこの相反することが可能となります。

排水性

排水が悪いと水分が常に土壌に留まり、根腐れ等の深刻な問題が発生し易くなります。

Ph値
植物に合ったPh値ではないと、植物は十分な養分を摂取することができません。

完全発酵
一般に販売されている肥料等はほとんどが未醗酵状態で売られています。
この状態で潅水(水やり)を行うと土中に存在する様々な微生物が有機物を分解、醗酵させ熱や有害なガスが発生します。
この状態では根腐れや立ち枯れといった深刻な状態になる可能性が高く、全く植物に良い環境とは言えません。
バイオソイルミックスは熱処理された無菌用土と有機肥料に有益微生物を加え、2ヶ月以上掛けて完全発酵させます。

醗酵から1週間のソイル 1ヶ月経過したソイル
初期段階ではまだ土が粗い 分解醗酵が進み、土が細かくなっている

この様に完全発酵されたバイオソイルは団粒構造を持ち、有益微生物が1グラム中に数億も内包している、植物にとって最適なソイルです。

 
*一般的に野菜の土などにバーミキュライトや肥料を混ぜて用土を作った場合、完全発酵まで2〜3ヶ月必要です。
 また、N-P-Kを考え施肥(せひ : 肥料を与えること)を行い、Ph値の調整も必須です。(Ph調整に2週間〜1ヶ月程度)よってソイルの完成まで3ヶ月程度を要します。
しかし、この状態は植物に有益な微生物が入っているのか不明です。

 BIO-SOIL-MIX 専用プランター

通常のプランター(鉢)はサークリング現象が発生します。
サークリング現象とは根がプランター内部で行き場所を失い迷走した状態を言います。
鉢の植え替えの際に鉢の底辺りが根でいっぱいになっているのを見た経験はありませんか?それがサークリング現象です。この状態では
プランター内の30%前後の用土しか利用できず、根の量も少なく病気に弱い植物になってしまいます。
専用プランターは特殊形状をしており、サークリング現象を防ぎます。
専用プランターを使用すれば用土の90%前後が利用でき、根張りが良く植物の生長が促進されます。また、通気性、排水性が非常に良く、バイオソイルとの相性が抜群です。

バイオソイルミックス専用プランター
* バイオソイルミックスをご使用の際は必ず専用プランターを使用してください。
*バイオソイルミックスの開発は全てこのプランターの使用を前提に行われております。

 水耕、土耕 どちらがいいの?

水耕栽培の利点は生長が早く大きく育つ為、収穫量が豊富である事です。

何故、水耕では生長が早く大きく育つのか?
それは根の張る場所が土中ではなく水中である為、根へのストレスがほとんど無くなる事や養分摂取が容易に行える事で植物へのストレスが皆無に等しくなくるからです。

ストレス

水耕でもトマトなどの野菜や果実を作る場合、ベンディング(曲げ)や茎を軽く折るなどしてストレスを掛け、果実などを美味しくする技術があります。これは植物が厳しい環境になればなる程、植物本来の姿をあらわすからです。

土耕栽培
ソイルでの栽培では根は土中にあり、そこで土を自らの力で土を掻き分け水分と養分を求め根をプランターいっぱに張り巡らせます。その行為は水耕にくらべ植物に適度なストレスを掛けます。また、土中では有益微生物が沢山生息しており自然界に近い環境にあり、植物はそれらと共存関係にあります。
このようにソイルでの栽培は
植物が本来生息している環境に戻してやる事で本当の味や香りを取り戻すものなのです。
特に元来、乾燥地帯に生息している植物はソイルで栽培する事で水耕とは比較にならない程、味や香り、茎の太さ、葉の艶などが変わります。それは植物が常に水に浸かっている事で植物が水膨れ状態となり、果実なども水臭くなっているからではないでしょうか?また、それはストレスの掛かり方が全く違う為の結果かと思われます。

また、水耕栽培で問題となるのが植物の単体管理が不可能というのがあります。
例として水耕栽培キットに2株のトマトAとBを栽培したとします。
Aのトマトはぐんぐんと生長し、Bのトマトは生長が今一歩です。
Aのトマトはそろそろ実をつける頃なので肥料の種類を変更したいがBのトマトは後、1ヶ月はこのまま生長させたい。
この場合、水耕栽培では2つの植物の根が水中で絡まり、分ける事が不可能です。
土耕ならどうでしょう?
プランターごとの管理なので全く問題がありません。
また、室内でけではなく屋外へ出して太陽に当てる事も容易です。
そして液肥の量も僅かです。(最大40分の1以下)

結果として生長スピードと収穫量の水耕栽培。
味など数ランク上の高品質を求めるなら土耕栽培と言えるでしょう。
当店では水耕キットをお持ちであれば半分を水耕、半分を土耕で行い結果、どちらが良いか判断されれば良いと思います。

 永田農法(ながたのうほう)

バイオソイルからは少し離れますが永田農法というのをご存知でしょうか?
簡単に説明すると植物育成に不向きな土壌(ゴロ石だらけで痩せた土地)で水や肥料も必要最小限しか施さない農法を永田農法やスパルタ農法といいます。
この農法で採れた野菜や果実は紛れも無く第一級品である。味や風味が数ランクも上なのです。一度味わってみると植物本来の力の凄さを体験できます。反面、収穫量は極端に少ない等の欠点があり、まだまだ商業ベースに乗らないのが実情の様です。
この様に植物にとって過酷な条件を与える事で植物の本当の力を発露させるのも全て植物に対するストレスの掛け方であるのです。
しかし、あらゆる植物が永田農法に適合するかと言えば疑問ではありますが、植物にストレスを適度に与える事が果実や野菜を美味しくする秘訣でしょう。

 使用方法

植物の根がロックウール等の培地から出てきたら幼苗用ポット(3号鉢)に植え替えます。
バイオソイルミックスにはプランター、底石、ソイルがセットになっています。

1. 底石をプランターの底に並べます。
2. 植物が鉢の8割程度の高さに収まる適当な高さまでソイルを入れます。
3. ロックウールごとプランターにセットしてソイルを入れます。
4. プランターを軽く地面に当て、ソイルと植物をプランターに馴染ませ完了。
 水やり、追肥など

 水やり、追肥

水やりは基本的に表面から数センチ程度が軽く乾いたらプランターの底から水が出るまで水をやります。
時期によりますが、1週間に1回程度でしょう。
水は1晩汲み置きして塩素やカルキの抜けたものが望ましく、出来るなら浄水器をお使いになる事をオススメします。

追肥は2種類あり、液肥と固形肥料です。 液肥は即効性、固形は遅効性です。

基本は欠乏症が現れたら即効性のある液肥を与え、固形肥料も与えます。固形肥料は遅効性で植物にとても優しい肥料といえます。
また、初期段階より固形の追肥をあらかじめ撒く方法もあります。
植物を良く観察し、欲しがっている肥料を適量与える事が上手く植物を育てる方法です。

 鉢の植え替え

鉢の植え替えは植物の生長に合わせて行います。
植物の根はプランターの壁などに当たり

順番は以下のようになります。(植物によって多少異なります)

プランター 植物の大きさ、状態
3号  幼苗用
4〜5号  40cm前後まで(生長期)
6〜7号  1m前後まで(生長期、開花期)
8〜10号  2m程度まで(生長期、開花期)
50cm特大  4m前後、複数の植物栽培、(生長期、開花期)

□ プランターら植物を取り出す。プランターの縁を軽く叩いたり内側に押すと抜きやすくなります。

□ 棒等を使用して古い土を落とします。枯れた葉や傷んだ根を鋏などで取り除きます。
   傷んだ根は黒くなっています。

□ プランターに植物を入れます。
   ソイルを入れたらプランターを地面にトントンッと数回当て、ソイルをプランターに馴染ませます。

□ 発根剤などを与え、1週間程度は直射日光を避け、日陰に置いてください。
   葉水(霧吹きで葉にスプレー)を行うと更に良い。
  (HPS、MHなどをお使いの方は蛍光灯等に変更する)