水耕栽培、ハイドロポニックス、オーガニック栽培・HPS/MH・アイテム数1000点以上園芸用品のことならグローワークスにおまかせ下さい!
ホーム植物の基礎

植物とは無数の細胞と繊維質から形成されています。動物に例えるなら細胞は肉、繊維質は骨格のようなものです。
細胞はタンパク質で構成され、タンパク質は窒素から作られています。繊維質は炭水化物で作られていて、これらは二酸化炭素を吸収し光合成によって作られます。
つまり植物は窒素と炭水化物で構成され、どちらが欠けても成り立たないという事です。

植物は土、水、光、空気、養分を得る事で元気に生長します。
中でも一番大切なのは土です。
植物は土中に根を張り、そこから水分や養分、空気を摂取します。
根が病気になればすぐに植物の表情が変わりますし、根が腐ればすぐに枯れてしまいます。
また、土中に張った根が植物を支えます。
植物にとって一番大事な箇所であるのです。
その根は土中にある訳ですから土で植物の生育が大きく変わる事は簡単に想像できると思います。

 土(ソイル)

一般的に良い土とはどんな土なのでしょう?

当店のバイオソイルの所でも紹介しておりますが、簡単に説明します。

□ 団粒構造である事。
 団粒構造の土は排水性、保水性、保肥性、通気性が良い。
 排水と保水、保肥など全く逆の特性を同時に兼ね備える事が可能となり、植物が生長するのに最適な状態となる。

□ 有益微生物が存在してる事。
 有益微生物が有害な菌などの繁殖を抑えたり植物の生育に必要なミネラルなどを生成する。

□ pH(ペーハー)酸度
 一般的な植物はpH6.0?6.5程度の弱酸性を好みます。
 この数値が大きく酸性になれば土中の粘土分に含まれるアルミニウム化合物がアルミニウムイオンになり根を攻撃します。
 また、リン酸と反応し、リン酸アルミニウムになり植物がリンを吸収できなくなります。
 逆にアルカリ性に傾けばマグネシウムや鉄などを吸収できなくなります。
 程度なpHを保つ事で植物は栄養を無駄なく摂取する事が可能なのです。

 

水は可能であれば浄水器を使用し、塩素や不純物を取り除いたものをあげるのが理想です。
更に理想を言えば、その水をpHコントロール剤を用いてpH6.0?6.5に合わせられれば最高です。
また、1日汲置きした水道水でも良いです。


 光

植物は葉の葉緑体に光を受ける事で光合成を行い、炭水化物を生成します。
植物に当てる光はなんでも良い分けではありません。
植物によりますが、一番いいのはやはり太陽です。週に一度でも構いませんので可能な限り太陽の光を与えてください。
太陽の偉大さが実感できるでしょう。
また、HPS,MHランプなどを使用すれば太陽光とまでは行きませんが、充分納得できる結果を得られるでしょう。
しかしランプによっては植物の生育には適さない商品もありますので、商品を選ぶ時は必ず必要な波長が出ているか確認してください。ただ単に明るいだけ(ルーメン数が大きいだけ)では植物は育ちません。(波長などの詳しい説明は商品説明にあります)
幼苗期やクローン初期の段階では殆どの植物はHPS,MHなどの強い光は厳禁で、蛍光灯などの明かりで充分です。
育てる植物によって必要な光量は変化しますので、植物に合った光量、波長を選びましょう。


 空気

植物は日中は二酸化炭素を使い葉緑体で光合成を行い炭水化物を生成します。
その為、植物にある一定量の二酸化炭素を与えると光合成が促進され、生長が早くなり、果実などでは収穫量が増加します。通常、大気中には300ppm(0.03%)前後の二酸化炭素が含まれていますが、これをCo2ボンベやドライアイスなどを使用し、1500ppmまで上げると20?30%程度の生長促進効果が得られます。(3,000ppm以上になると植物、人間ともに酸欠状態となり危険です)
しかし室内栽培の場合、光合成を上げるには二酸化炭素と同じく強い光も同時に必要となります。
逆に夜間は酸素を必要とします。

 養分

植物は約60種類の元素からなりたっており、このうち16成分が必須元素と呼ばれています。
炭素、酸素、水素、窒素、リン酸、カリウム(N,P,K)、カルシウム、マグネシウム、硫黄、鉄、ホウ素、マンガン、亜鉛、銅、モリブデン、塩素。

炭素、酸素、水素 空気や水から吸収し光合成に使われ、炭水化物が生成されます
3大元素 窒素 葉や茎
リン酸 花や実のつき
カリウム 根の生長
中量元素 カルシウム 葉、茎など植物自体を強くします。(病気に対しても強くなります)
不足すれば葉先が枯れたり、茎などが柔らかくなる、根の生長不良が発生します。
植物内で非常に移動が悪く、葉先に行き渡り難い。
よって葉面に散布すると良い。
マグネシウム 葉緑体の生成、細胞分裂、核酸、タンパク質合成に必要とされます。
また、リン酸の運搬に使用されるので開花期には必須養分です
硫黄 蛋白の構成する
微量元素 酸素を運びます
ホウ素 カルシウムの吸収を良く、細胞壁を強化します。
また、花芽分化や果実の細胞分裂を促進する
マンガン 光合成を行う際に水を酸素と水素に分ける酸化剤となる。
ビタミンCの合成、呼吸作用、窒素の同化など多岐に渡る
亜鉛 葉緑素や植物ホルモンの生成に関与する
チロシナーゼ、ラッカーゼなどの酵素を形成する
モリブデン 窒素の吸収に関与する
塩素 光合成に関与する

以上の要素が複雑に絡み合い植物は生長します。

アミノ酸
窒素と炭水化物が一緒になってタンパク質を作る前の段階で作られるのがアミノ酸です。
植物がアミノ酸を直接吸収可能なら、葉の炭水化物がなくても、植物はタンパク質を作る事ができます。つまり光合成しなくてもアミノ酸があれば植物は成長します。
また、アミノ酸が多く含まれた肥料は、アミノ酸が直接働きかけるので即効性があり、樹勢が衰えたプラントなどに有効です。