水耕栽培、ハイドロポニックス、オーガニック栽培・HPS/MH・アイテム数1000点以上園芸用品のことならグローワークスにおまかせ下さい!
ホーム | NUTRIENTS(肥料/活力剤) > AdvancedNutrientsNirvana 1L
商品詳細

Nirvana 1L[AN-Nirvana1L]

販売価格: 4,536円 (税込)
サイズ: 100S
数量:
ニルバーナは植物の花や実のサイズと品質を最大限に引き出す100%オーガニックの開花促進剤です。
開花期の中盤から後半にかけて使用し、植物に豊かな有機栄養素を提供します。
植物が急成長するために必要なエネルギーの生成と代謝を促進し、栄養素の分布と摂取量を増加させます。
結果的にあなたの植物の収量を最大限に引き出すことでしょう。

ニルバーナに含まれるアルファルファは、植物の成長と収量を向上させる、植物の食事のスパースターです。
アルファルファとは、マメ科の多年草、和名紫ウマゴヤシ、発芽時にアルファアルファもやしとして食用されています。
ビタミンA、キトサンフィルが多く含まれ、大きくなると牧草に使われる、栄養価の高い植物です。
アルファルファは、成長ルームにCO2を投入した場合に特に重要です。
C02のより迅速な摂取、より早い成長、最大の収量をもたらします。

また、成分に含まれているアスコフィルムノドスムは、根の機能、細胞の複製、および花を刺激する効果があります。

ニルバーナは、一般的な酸処理の代わりに酵素を使用しています。
予備消化されたホエイタンパク質が含まれているため、このメリットは引き続き維持されます。
酵素的に加水分解されたホエータンパク質は、花を増強するアミノ酸システインおよびトリプトファンが生物学的に活性な「L」形態で保存されます。

市場のほとんどの製造業者はL-アミノを破壊する酸加水分解を使用しています。
ニルヴァーナは、それとは別の酵素加水分解ホエイタンパク質を使用しています。
結果、植物は花の成長と効力を刺激するL-アミノを獲得することとなります。

もう一つのニルヴァーナのメリットは、チリの石鹸とユッカの2種類の植物から得られています。
これらの驚異的な成分は、界面活性剤と呼ばれる化合物を生産します。
界面活性剤は、液体の「表面張力」を低下させる化合物であり、それらを含有するものは何でも、根や葉を介して植物に容易に吸収され易くなります。
ユッカエキスとチリソープバーク​​エキスは、あなたの植物に栄養素を移行させる2種類の天然の界面活性剤です。


<The Only True Organic Harvest Booster>
ニルバーナの強力な芽増強剤成分のもう一つは、窒素、微量元素、アミノ酸、核酸、タンパク質、およびミネラルを含むバットグアノです。
バットグアノは植物に急速に吸収され、成長を促進します。
グアノとともにニルヴァーナには、植物タンパク質を作る22の必須アミノ酸を含む酵母成分があり、Bビタミンも含まれています。
Bビタミンは、特にクローニング、苗、移植、マザープラントなど、植物の生産が激しいときに有効です。

<ニルヴァーナは豊かな有機栄養素を提供します>
ニルヴァーナには「アゾミト」と呼ばれる奇跡物質が含まれています。
アゾミトに含まれる物質のリストを調べると、それが植物にとって貴重な理由がわかります。

酸化カルシウム、鉄、水素、シリカ、金、マグネシウム、窒素、硫黄、酸化マグネシウム、アンチモン、クロム、コバルト、ホウ素、モリブデン、銅、五酸化リン、マンガン、インジウム、銀、亜鉛、

実際、地球上のほぼすべての元素はアゾマイトに含まれています。
あなたはアゾマイトの成分の多くが植物にとって不可欠な栄養素であることに気付くでしょう。

ニルヴァーナの地下恩恵のもう一つはフミン酸です。
それは地球上の有機物の豊かな静脈の中にあるレオナルダイトに由来します。
フミン酸は植物の摂取を助け、栄養素を利用する効果があり、関連化合物は、レオナルダイト由来のフルボ酸です。
フルボ酸は同様に細胞内に栄養素を輸送する効果があります。

一つ一つ別々のサプリメントとして、これらの有益な天然成分を個別に調達するか使用することは、非常に手間と時間が掛かります。。
アドバンスは、ユーザーの為に、これらの強力な化合物を抜き出し、標準化し、1つの調合法に組み合わせました。
ニルバーナはそれら全てを一つのボトルにまとめた、より効果的な成長ブースターです。
それだけでなく、ニルヴァーナはトリプルフィルター処理され、カスタムブレンドされ、葉水や水耕栽培の灌漑ルートゾーンシステムとして簡単に適用できます。

ニルバーナは生産高を最大限します。
自然に生育力を高め、収量を最大化するために、植物に迅速に吸収される、栄養豊富なサプリメントです。


・使用方法
開花期3-6週目
1Lに対して2ml
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)

Facebookコメント